落ち着いて対処する

落ち着いて対処しましょう

ファイルを誤って削除してしまったとか、パソコンを起動しようとしたらハードディスクが認識されなかったなどトラブルに会うと面食らうものです。こうしたとき明確な指針も知識もなく取りあえずやれることを何でもかんでもと、ついやってしまうことがありますが、データ修復ではこれが命取りになることがあります。ディスク上のデータは磁気データとして記録されているので部分的に破損しても処置することで読めるようになることがあります。ファイルを消去した場合もデータそのものが掻き消されるわけでは無く、ファイルの先頭データのみ書き換えることでそのデータのある領域は消去されたとシステムに通知しているだけです。実際に消えるのは別のデータで上書きされた時です。ですが、色々な操作を行うとシステムが動作時に作る一時ファイルなど色々なデータがディスクに書き込まれ、運悪くデータ修復の対象領域に書き込みが発生すると修復できなくなります。

出来る限り上書きされないようにしましょう

対象領域に書き込みが発生しないようにするには、一番確実なのはハードディスクを取り外し、外付けドライブとして別のパソコンに接続の上、データ修復を行います。外せない場合は、対象データがどのパーティションにあるか確認しできるだけアクセスしないようにします。OSの入っているパーティションは切り離せないので、修復できる可能性が小さくなります。ですので日ごろからデータ領域とOS領域は分けて作業することをお勧めします。それ以外のパーティションの場合は、特別に設定(ページファイルなど)していなければ上書きされることはありません。復旧に使うアプリケーションもデータ修復を行うパーティション以外にインストールします。取り出したデータの保存先も別のパーティションやハードディスクにするように設定をしておきましょう。