データセンターの利点

データセンターを利用するメリット

データセンターとはインターネット等の通信を利用する際に必要となるサーバーや通信機など集約して設置している建物、場所のことである。現在とくに中小企業などがデータセンターを利用しており、その一番のメリットとしてはサーバー等のスペースを節約できるということであろう。 一般的に通信業種の中小企業はオフィスビルの一室を借りて運営していることが多く、大規模な通信装置を設置することがオフィスの広さの関係上、困難であるからだ。 データセンターを利用することでスペースのメリットが得られるとともに、複雑な機器の管理という手間も省くことができる。 データセンターは人の手によるが、徹底的に保持管理されており、故障などの際に費用や手間をかけなくて済み、情報流出のリスクも少ないのである。

データ機器の管理を委託することのデメリット

データセンターを利用するメリットは沢山あるのだが、一方でデメリットも存在する。その一つとしては人為的なミス等がある。 いくらクライアント企業の情報管理が徹底していても、人間が情報を管理するので、どうしても人為的なミスやデータセンター管理者のモラルの低下により、データの流出事故が起こりうる。 通信機器をクライアント元企業が直接管理しているわけではないので、責任の所在や対応に時間がかかるなど非常の際のリスクも大きい。 データセンターを利用する際はそのメリットとデメリットをしっかりと把握して情報管理が徹底しているデータセンターを見極め、慎重に選ぶ必要がある。 このようなデメリットは存在するが、機器の設置の料金、メンテナンスの手間やオフィスの省スペース等のメリットは大きく、利用する価値は十分にある。